レーシック手術の色々

視力回復手術といえば、1番に出てくるのは「レーシック」ではありませんか?雑誌などにもアスリートや芸能人がレーシックで視力回復なんていう記事、載っていますよね。
こんなに騒がれると、視力回復手術にはレーシックしかないと思ってしまいますが他にもいくつか方法があります。

「ラセック」はレーシックとほぼ同様の方法になりますが、レーシックと違うのは、角膜の状態により通常のレーシックが難しい方も適応となる可能性がある点と、眼球に強い衝撃を受けやすい格闘技などの激しいスポーツをする方でも手術が可能だということです。

「フェイキック」は白内障手術を応用した視力回復手術で、眼内レンズを挿入します。
「治療的角膜切除術」はエキシマレーザーで角膜表面を直接削り、レーシックに比べかなり簡単な手術です。ただ、レーシックに比べ術後の不快感が強く、回復に時間がかかるという短所を持っています。

「オルソケラトロジー」は特殊なハードコンタクトレンズをつけることで角膜の形状をかえ視力を矯正します。矯正は寝るときだけで、日中は裸眼で過ごせるというのが特徴です。
即レーシックといわずに、いくつか検討してから決めるのが良いのかもしれません。

通信講座選び

通信講座はかなり種類が豊富で、同じ講座でも複数の通信講座の会社が講座を開講しています。

例えば、女性に人気の医療事務講座
は、ユーキャンやニチイ、三幸福祉カレッジやがくぶんなど、選択技はたくさんあってどこで受講するか悩んでしまいます。

やはり、講座選びで1番最初にしなければならないのは資料請求です。たくさんの通信講座がありますが、それぞれ講座の特色や受講料が違ってきます。講座終了後の対応もそれぞれ。最初から1講座に決めずに、複数の資料を比較検討して決めるべきです。

通信講座の会社によっては、講座終了後に就職相談や就職先の紹介などもしてくれるところがあるようなので、自分の講座を受講する目的によって選ぶというのも良いかもしれません。

メニュー
レーシック手術の色々 通信講座選び
リンク
日本医療事務センター